2008年02月08日

屈折率

先日水まわりの工事の業者さんに、お仕事の後の冷えた体を温めてもらおうと、内風呂に入ってもらいました。

お風呂から上がった業者さん曰く、
「きむら苑さんのお湯はずいぶん成分濃いですよね。」
「えっ、どうしてですか」
「屈折率がすごいですよ。すごくゆがんで見えます。成分の関係で屈折して見えるんでしょうね。」

内風呂


日中明るい光で内風呂に入って、なるほどと思いました。
確かにお客様から「いつまでも体かほかほかする」というお話をよく伺いますが、成分の関係が屈折率に影響するとは知りませんでした。

広角レンズで撮影すると遠近感が強調されてしまいますが、湯船に入って目視したところでも、水平な段のラインがかなり尻すぼみにみえたり、湯船の底が盛り上がって見える感じがしました。

よろしければ、ご確認(外来ご入浴のお客様は露天風呂になってしまいますが)にお越しいただき、また「ほかほか」の体験をしていただければと思います。


posted by 水上温泉/天狗の湯 きむら苑/若旦那 at 13:50 | 「天狗の湯 きむら苑」 周辺の様子
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。