2011年06月05日

黒煙もくもく 観光引っ張る


タイトルは、本日の朝日新聞群馬版の記事です。

伊勢崎市華蔵寺公園に展示してあった「C61形」蒸気機関車が復元され、昨日6月4日(土)から、38年ぶりに復活しました。

群馬DC(ディスティネーションキャンペーン)に合わせて、9月末までの土・日を中心に、高崎〜水上間を走ります。

数日間の試運転を経て、いよいよお客様を乗せての営業です。

新聞記事(S)(朝日・2011.6.5).jpg


新聞記事を見て、当苑すぐそばの下り線路脇へ。

しばらくすると、汽笛とともに姿を現しました。

鉄道 11年 6月_001(S).jpg


が、失敗。

写真がブレてしまいました。

朝日新聞のタイトル通り、このSLはブレずに観光を引っ張ってくれるよう期待しています・・・。


追記:

7月2日(土)・3日(日)は、C61+C57の重連が予定されています。

鉄道ファンや多くのお客様で賑わうことと思います。




posted by 水上温泉/天狗の湯 きむら苑/若旦那 at 00:00 | イベント情報
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。