2010年06月03日

谷川岳天神平「星の観賞会」研修


JRが主体となるデスティネーションキャンペーンが来年7月〜9月に実施されますが、今年はプレDCの年にあたります。

その一環として、谷川岳天神平で満天の星を見ようという観賞会が8月12日(木)〜10月初旬までの週末を中心に実施されます。

旅館組合青年部として、実行委員会に所属していますので、この機会に星の勉強も兼ねて本日天神平での研修会に参加してきました。

天神平にロープウェイで登ったのが17:30過ぎ。
辺りはまだ明るく、位置の確認です。

谷川岳 6月_038(S).jpg


上の写真で正面に見える一番高い山が「朝日岳」。その左が「笠ヶ岳(大倉山)」、右が「白毛門」です。

谷川岳 6月_050(S).jpg


谷川岳は双耳峰とも呼ばれますが、右側の残雪の山の左の頂が「トマの耳」、右が「オキの耳」で谷川岳の山頂になります。

谷川岳 6月_056(S).jpg


また奥の山並みに「至仏山」が見えますが、その奥(裏側)が「尾瀬ヶ原」となります。

位置関係を確認して、ガイドの研修会を実施するため屋内に。

谷川岳 6月_045(S).jpg


星座に関する勉強会ですが、学生時代に理科が苦手なことを思い出しました。

谷川岳 6月_057(S).jpg


講義後、再び天神平に出て実際星を見ながらの勉強・・・でしたが、当日は雲がかかっていたため最初のうちはあまり星も見えず。

が、しばらくすると雲の合間からいくつもの星が・・・。

北斗七星もきれいに見えましたが、星を探していたり、講師の解説を聞いていたりで、肝心の星の写真を撮り損ねてしまいました。

ただ、天文台の職員の方も予想以上に星がきれいに見えると言っていたこと、北斗七星も思っていた以上に大きく見えたことが印象的でした。

谷川岳天神平「星の観賞会」は、ロープウェイに乗って19:30までに天神平に集合となり、約1時間星を観賞します。

当苑ご宿泊のお客様にも体験をいただきたいと思っていますが、集合時間に間に合うためには、17:30頃のご夕食時間となります。

観賞会実施日で、対応出来かねる日もありますが、興味のある方はぜひ当苑若旦那までお問い合わせください。




posted by 水上温泉/天狗の湯 きむら苑/若旦那 at 00:00 | イベント情報
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。