2010年05月10日

夢の途中


先日5/10の写真ですが、ちょっとバタバタしてアップが遅れました。

藤原の明川地区の千本桜の様子を見て来ました。

明川 5月_017(S).jpg


この明川地区では、過疎化が進む集落の記憶を残そうと3年前の2007年2月から千本桜のプロジェクトが始まりました。

明川 5月_028(S).jpg


11件の集落ですが、このままでは集落が消えてしまう。たとえ集落がなくなっても桜は残る。そんな思いから始まった桜の里プロジェクト。

当初相談を持ちかけた造園業者からは、「金にならない」と断わり続けられたそうですが、周辺の集落、ペンション経営者など少しづつ協力の輪が広がり、「三菱UFJ環境財団」から770本ものヤマザクラやカンザクラの寄贈もあり、現在では約1200本もの桜の里になっています。

植え付けも地元月夜野地区の造園業者が500本以上も無償で行ったり、住民に植え方や育て方を教えたり。


明川 5月_065(S).jpg


取り組みは口コミで広がり、「入学祝いの記念に植えたい」など県内外から協力の申し出も相次ぐようになったそうです。

明川 5月_045(S).jpg


その明川地区に「夢の途中」という看板があります。

明川 5月_002(S).jpg


日付を見ると、明川の千本桜プロジェクトが開始される前ですが、このような思いがプロジェクトにつながっていったのではと想像されます。

明川 5月_080(S).jpg


今はまだ桜も苗木が多く、見頃を迎えた現在でも見渡す限り桜・・・というわけではありませんが、そこは「夢の途中」。

数年後にはGW後も見られる桜の名所になっているに違いありません。

帰り道の藤原湖も木々が芽吹きだしていました。

藤原 5月_015(S).jpg


雪国の遅い春ですが、地元の方々の思いも芽吹いている・・・。

そんな思いで明川地区を後にしました。





posted by 水上温泉/天狗の湯 きむら苑/若旦那 at 00:00 | 観光スポット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。