2008年09月27日

母屋解体

当苑の入り口、道路に面して旧家の母屋が建っています。

07年母屋


江戸時代に建てられ築300年近いと言われていますが、ほとんど利用しなくなり、また3年前の大雪で少し傾いてしまったようで、つぶれないうちに立て直そうということになりました。

06年母屋


景観を重視して古民家として再生しようかとも考え、大まかな見積もりもとりましたが、予想以上の金額で社長(父)もあきらめざるを得ませんでした。

理想と現実のギャップに悩んだあげく、土蔵とくぐりはこのまま残して、広間もある住宅として立て直すことになりました。

そこで現在の母屋の解体工事がはじまりました。

08年母屋@

08年母屋A


職人さん達が、屋根をすこしづつはがしていきます。

今日現在屋根がはがされ、骨組が見える状態になっています。

08年母屋B


お客様とご近所の方々には、しばらくのあいだ大変ご迷惑をかけることになると思います。申し訳ございませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
posted by 水上温泉/天狗の湯 きむら苑/若旦那 at 21:31 | 「天狗の湯 きむら苑」関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。