2008年08月19日

吹割の滝

みなかみ町に住んでますが、ちょっとした買い物や病院がらみで隣りの沼田市によく出かけます。

今回も病院がらみで家族3人で沼田に出かけましたが、妻(若女将・神奈川県出身)がまだ「吹割(ふきわれ)の滝」を見に行ったことがないというので、行ける時に・・・と思い、立ち寄ってきました。

吹割の滝@


吹割の滝は沼田市(旧利根村)に位置し、高速道路を利用すれば当苑から車で40〜50分くらいの場所です。

昭和11年に天然記念物に指定され、東洋のナイヤガラと呼ばれています。

岩質の軟らかい部分を川が浸蝕して多数の割れ目が生じ、あたかも巨大な岩を吹き割れたように見えることから「吹割の滝」の名が生まれたそうです。

ご覧の通り、岩が割れている中へ川が流れ込んでおり、その形状とともに滝のすぐそばまで行けるのが「ウリ」になっていると思われます。

吹割の滝A


「これ以上近づかないでください」という白線が引いてあり、注意を促すカンバンももちろんありますが、やはり転落事故はあるそうです。

吹割の滝B


冬場は行ったことはありませんが、足元が凍結したらとても近づけない感じです。

※追記:冬季(12月中旬〜3月下旬)は遊歩道通行止めとのことです。


臨場感あふれる「吹割の滝」。遊歩道も整備されていますので、よろしければ足元にお気をつけてお出かけください。
一見の価値はあると思います。

追記:妻も、「ここは自然の好きな方にはお勧めできるスポットね。」と言っておりました。


posted by 水上温泉/天狗の湯 きむら苑/若旦那 at 00:00 | 観光スポット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。