2008年06月30日

水源の町みなかみ

みなかみ町は利根川源流に位置し、日本有数のダムを抱えています。
そのため、「関東の水がめ」と呼ばれています。

「もっとダムのことを知ろう。観光資源としても活用できるかも知れない。」との発想で、今回水上温泉旅館組合青年部でお願いをして、「八木沢ダム」と「奈良俣ダム」を特別に見学できることとなりました。


まずは、「八木沢ダム」で概要の説明を受けました。

八木沢ダム@


日本でも屈指のアーチ式ダムで、東京都で必要量の約1ヶ月分もの水を貯水しているそうです。

特別にダムの中を見学させてもらいました。
エレベーターに乗っておよそ108m下ります。

八木沢ダムA


もうすぐ夏も本番というのに、ダムの中は10℃以下。
ひんやりとしています。

八木沢ダムB

八木沢ダムC


そしてダム底部へ出て、そこから見上げる堤体に思わず全員が「うぉ〜」と声をあげてしまいました。

八木沢ダムD


そして圧巻が、「キャットウォーク」と呼ばれる堤体に貼り付くように作られた作業用の通路の案内。

八木沢ダムE


堤体の中ほどの高さでしたが、それでも足がすくむほどの高さでした。

最後にボートに乗り、奥利根湖を巡回。

八木沢ダムF

八木沢ダムG

奥利根湖は奥行きがあり約10kmほど上流に遡りましたが、天気もよく新緑の爽やかな大自然を満喫することができました。

また次に訪れた「奈良俣ダム」でも丁寧な説明を受け、大変勉強になりました。

奈良俣ダム@


ここは堤体の美しいロックフィルダムで、ダムへと向かう道を走っていると突然目の前にその大きな堤体を現わします。

奈良俣ダムA


上記は堤体上部より眺めた写真ですが、近くの山から削った岩を利用して作られたそうです。(左側2ヶ所の山肌の見えている場所)

奈良俣ダムB


今回は、地元に住んでいながら分からなかったことを勉強させてもらいました。
「八木沢ダム」「奈良俣ダム」とも積雪期以外はその雄大な姿を近くから眺めることができます。

みなかみはさまざまな観光スポットがありますが、「水源の町みなかみ」を実感できるダムにも足を運んでみてはいかがでしょうか。とおすすめできるスポットでした。



posted by 水上温泉/天狗の湯 きむら苑/若旦那 at 00:00 | 観光スポット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。